RSS

洪水被災のナワナコン工業団地、堤防着工

2012年2月16日(木) 11時20分(タイ時間)
【タイ】昨年10—12月に洪水で浸水したナワナコン工業団地(タイ中部パトゥムタニ県)で15日、団地の周囲に建設する堤防の起工式が行われた。高さ3・5メートルのコンクリート製で、全長18キロ。8月末までの完工を目指す。施工はタイのゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・ディベロップメント。工費は6億バーツ。

 ナワナコン工業団地にはミネベア、日本電産、ロームなど200社以上の工場があり、そのうち4割以上が日系。団地全体が洪水で深さ2—3メートルの水に1カ月以上浸かり、大きな被害を受けた。15日までに操業を再開したのは、工業団地当局の集計で、全体の39%。

 入居企業のうち、NECトーキン、カシオはナワナコン工場の復旧を断念し、閉鎖、移転する方針。ソディック、日本レヂボンは高台や東部での新工場建設を発表している。

20120215%20Navanakorn%20-%207.jpg

20120215%20Navanakorn%20-%206.jpg

20120215%20Navanakorn%20-%203.jpg
《newsclip》


新着PR情報