RSS

シンガポールの政治サイト、首相夫妻中傷で謝罪

2012年2月23日(木) 18時25分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールの政治評論サイト「TRエメリタス」は22日、リー・シェンロン(李顕龍)首相夫妻に対する中傷が含まれる書き込みがあったとして、謝罪するとともに、関連する書き込みやコメントを一斉に削除した。

 問題の書き込みは、「(与党の)人民行動党(PAP)は皮肉に満ちている」と題するもので、リー首相の夫人、ホ・チン(何晶)氏が政府系投資会社、テマセク・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)を務めているのは、身内びいきだと指摘する内容だった。

 同サイトは「中立」を掲げているが、実際にはシンガポール政府に批判的な立場にあるとされ、これまでも政府の圧力で閉鎖に追い込まれたり、サイバー攻撃を受けたりしてきた。また、サイト名は当初、「テマセク・レビュー・エメリタス」(テマセクはジャワ語でシンガポールの旧名)だったが、テマセク・ホールディングスと同名であることが問題視され、改名を余儀なくされた経緯がある。
《newsclip》


新着PR情報