RSS

東芝、米WDに洪水被災のタイHDD工場売却

2012年2月29日(水) 15時18分(タイ時間)
【タイ】東芝は29日、2・5型ハードディスクドライブ(HDD)を製造するタイ子会社、東芝ストレージデバイス・タイの全株式を米ウェスタンデジタル(WD)に売却する一方、WDが所有するデスクトップPC向けと映像保存用の3・5型HDDの一部製造設備と知的財産などを取得すると発表した。3月下旬までに取引を完了する予定。

 東芝ストレージデバイス・タイの工場はタイ中部パトゥムタニ県のナワナコン工業団地にあり、従業員約4200人。昨年10—12月の洪水で長期間水没し、現在も操業を停止している。東芝は同社の前身を2009年に富士通から買収し、2010年には約100億バーツを投じた生産能力拡張計画を打ち出していた。今回の売却後はフィリピンの製造拠点と中国の生産委託先に生産を集約し、コスト競争力を強化する。

 WDはナワナコン工業団地、タイ中部アユタヤ県バンパイン工業団地に工場があり、いずれも洪水で被災した。
《newsclip》


新着PR情報