RSS

タイ格安航空ノックエア、6日からドンムアン空港に復帰

2012年3月5日(月) 19時15分(タイ時間)
【タイ】昨年10—11月に洪水で浸水したバンコク北郊のドンムアン空港(旧バンコク国際空港)が6日に再開港する。

 同空港を拠点としていたタイの格安航空2社は洪水を受け、バンコク東郊のスワンナプーム空港(バンコク国際空港)からの運航に切り替えたが、このうちタイ国際航空系のノックエアは再開港に合わせドンムアンに拠点を戻す。もう1社のオリエントタイエアラインズはスワンナプームにとどまる。

 ドンムアンは2006年のスワンナプーム空港開港後、格安航空やチャーター便用の空港として使用されてきた。昨年の洪水では10月25日から1カ月以上、滑走路が水没。水位は一時、2メートル以上になり、逃げ遅れた旅客機数機が水浸しとなった。

 一方のスワンナプームは旅客処理能力の限界に達し、時間帯によっては入国審査で1—2時間待ちとなっている。観光立国としては大きな問題だが、改善の兆しはみられない。
《newsclip》


新着PR情報