RSS

国内最大の面積、バンコクに次ぐ人口 「ナコン・ラチャシマ」

2012年3月11日(日) 16時05分(タイ時間)
 国内最大の面積を誇り、バンコクに次ぐ人口を抱える、タイ東北部の豊富な労働力が集中する、通称の「コラート」で呼ばれることが多いナコン・ラチャシマ県。

 コラートと聞いて誰もが連想するのが、女傑「タオ・スラナリー」。ラマIII世の治世の1826年、街が当時タイの属国だったビエンチャン王国に攻め入れられた際、副国司プラヤー・スリヤデートの妻だった彼女が救ったと伝えられる。敵の兵士を酒で酔わせて逆襲に出た妙案が、語り継がれている。

 タイ最東端の東北部ウボン・ラチャタニ県で知られるロウソク祭りが最近ではコラートでも行われたり、ピマーイ郡には隣県ブリーラムのプラサート・パノムルンと並んで有名なクメール遺跡のプラサート・ピマーイがあったりと、見どころが多い。コラートからバンコクに戻るとき、国道1号線沿いのチョークチャイ・ファーム(チョークチャイ・ステーキハウス)に、ステーキやハンバーガー、アイスクリームを食べに寄るのも人気。

■人口:256万5000人(2008年12月、内務省自治局)。人口262万9000人の京都府ほど(2009年4月、府ウェブサイト) 
■面積:2万494平方キロメートル(県ウェブサイト)。面積1万5279平方キロメートルの岩手県(日本第2位)の1.3倍(県ウェブサイト)
■バンコクから259キロ(タイ道路協会)
《newsclip》


新着PR情報