RSS

洪水被災の沖電気タイ工場、フル操業再開

2012年3月13日(火) 12時22分(タイ時間)
【タイ】沖電気工業は13日、タイ中部アユタヤ県ロジャナ工業団地にある連結子会社OKIデータ・マニュファクチャリング(タイランド)(ODMT)がフル操業を再開したと発表した。ODMTはタイ中部の洪水で工場が水没し、昨年10月上旬から操業を停止。今年1月に操業を一部再開していた。

 洪水対策としては、1、2階の生産ラインの配置見直し、重要生産設備と電源、エアコン系設備の2階への設置を行った。今後は世界的なバックアップ生産体制の強化を図る。

 ODMTはカラーLED(発光ダイオード)プリンター、モノクロLEDプリンター、複合機、ドットインパクトプリンターなどを年間50万台生産し、世界各国に出荷している。
《newsclip》


新着PR情報