RSS

洪水被災のセイコーインスツル・タイ工場、移転めぐり労使紛争

2012年3月14日(水) 21時29分(タイ時間)
【タイ】タイ労働省によると、セイコーインスツルのタイ法人で、昨年10—12月に洪水でタイ中部パトゥムタニ県ナワナコン工業団地の工場が浸水したセイコー・インストゥルメント(タイランド)が従業員の大半に対し、16日までに、退職もしくは東部チャチュンサオ県の賃工場への一時転勤を選ぶよう求め、これに反発した従業員約300人が13日、バンコク都内のタイ労働省で集会を開いた。従業員側は転勤に応じた場合は月6000バーツの住居手当を、退職する場合は退職金を増額するよう求めている。労使は19日に交渉を行う予定。

 セイコー・インストゥルメント(タイランド)はハードディスクドライブ(HDD)関連部品を製造。従業員約1400人。タイ商務省によると、同社の2010年4月—2011年3月期売上高は53・9億バーツ、最終利益は8・9億バーツ。
《newsclip》


新着PR情報