RSS

金9キロ、1100万バーツ相当 タクシーに置き忘れる バンコク

2012年3月15日(木) 21時38分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、14日午後、バンコク都内でタクシーに金を置き忘れたとして、東北部ウボンラチャタニ市の金販売店の店主のタイ人男性(60)が警察に届け出た。男性はバンコクの金販売店で金9キロを約1100万バーツで仕入れ、妻と一緒にタクシーに乗ったが、妻が体調不良を訴えたため、途中で下り、その際に、金が入ったかばんを置き忘れた。男性が乗車したタクシーは防犯カメラに映っていたが、ナンバープレートははっきりとみえなかった。

 店主の男性はテレビを通じ、「少なくとも50万バーツのお礼はする」として、タクシー運転手に金を返還するよう求めた。
《newsclip》


新着PR情報