RSS

身障者の物乞い男性、タイ仏寺に100万バーツ寄付

2012年3月20日(火) 23時40分(タイ時間)
【タイ】急性灰白髄炎(ポリオ)で足と言葉が不自由で、物乞いで生計を立てているタイ人男性、イヤムさん(62)が生活と物乞いの場であるタイ中部ナコンパトム県のライキン寺に約100万バーツ(約270万円)を寄付し、話題となっている。イヤムさんは過去30年以上、ライキン寺で物乞いをし、毎年、数千—数万バーツを寺にお布施してきた。しかし今年は14日に99万9999バーツを寄付した上、自腹でタイの人気演歌歌手による無料コンサートを開き、タイの新聞、テレビで大きく報じられた。

 イヤムさんの1日の収入はタイの経済成長とともに年々増え、最近は1日2000—3000バーツに上っていた。メディアに取り上げられてからは6000—7000バーツまで増えたという。タイでの報道はイヤムさんが穏やかな性格で収入のほとんどを寺に寄贈していることと、驚くほどの高収入だという2点を大きく取り上げている。
《newsclip》


新着PR情報