RSS

今年のタイ経済5・5%成長、IMF篠原副専務理事講演

2012年3月27日(火) 18時53分(タイ時間)
【タイ】国際通貨基金(IMF)の篠原尚之副専務理事は27日、タイのチュラロンコン大学で講演し、タイ経済が今年は急速に回復するとの見方を示した。

 篠原副専務理事はタイの国内総生産(GDP)成長率が今年は5・5%、来年は7・5%になるとの見方を示す一方、国内投資と国内消費が今後2年で大幅に増えると予測。政府による洪水防止プロジェクトや最低賃金の引き上げなどが成長回復の一因になるとした。

 一方、タイ財務省は26日、タイの今年のGDP成長率見通しをこれまでの4・5—5・5%から5—6%に上方修正した。物価上昇率は3・1—4・1%と予想した。

 タイの昨年のGDP成長率は年後半の大洪水で10—12月期が前年同期比マイナス9%、通年で0・1%にとどまった。
《newsclip》


新着PR情報