RSS

資金力で批判など吹き飛ばす新興宗教タンマカーイ

2012年4月5日(木) 23時25分(タイ時間)

 新興宗教として大規模かつ相当な政治力をもつタンマカーイ派。バンコク北隣のパトゥムタニ県に構える本拠地「ワット・タンマカーイ」にはUFOのような形をした建物があり、布施が集まっているな~、と思わせる。

 うちの連れ合いは結婚したばかりのころ、3万バーツをお布施し(高さ10~15センチ程度の仏像を納めたらしい)を、タンマカーイにはまっていたと後に白状した。

 テレビチャンネルもあって、僧侶が人々の悩みを聞く番組がよく流れている。僧侶が「それはお布施しないとダメだ」と繰り返していて、最初はよく分からず何の番組だ? と思っていたら、番組の最後に「ワット・タンマカーイ!」とバーンと出てきて、なるほど。

 昨日、顧客訪問の帰りにショッピングセンターのMBK(マーブンクローン)を通りかかったら、延々と続く僧侶の列。両わきには白装束の在家者。その光景、一発でタンマカーイだと分かる。手元にカメラがなかったので、ノキアの携帯で撮影。貧弱ながら何とか写真になった。

 交通渋滞を巻き起こすと批判が出たとかでないとかという話だが、誰もが資金力にひれ伏して批判などするわけない、と思わせるほど堂々としていた。主役は1トンの黄金像だったとか。さすがタンマカーイ。
《newsclip》