RSS

住友電工、ベトナムの光・電子デバイス製造拠点が本格稼働

2012年4月9日(月) 07時00分(タイ時間)
【ベトナム】光通信、無線通信機器に用いる光デバイス、電子デバイスを製造する住友電工デバイス・イノベーションがベトナムに設立した100%出資子会社「スミデン・デバイス・イノベーション・ベトナム(SEDV)」が4月6日に開所式を行い、本格稼働を開始した。工場はホーチミン市近郊のドンナイ省ビエンホア市アマタ工業団地で、従業員約240人。

 住友電工デバイス・イノベーションは住友電工の100%出資子会社。これまで、日本国内3拠点(横浜、大阪、山梨)と中国・蘇州市でデバイス製品を製造してきたが、価格競争力の強化と製造拠点の分散を目的とし、昨年12月にSEDVを設立した。
《newsclip》

特集