RSS

プミポン国王、入院先の堤防視察

2012年4月9日(月) 10時49分(タイ時間)
【タイ】6日午後、タイのプミポン国王(84)は入院先のバンコク都内のシリラート病院の病室を出て、病院内の両親の像にお参りし、その後、病院のチャオプラヤ川岸に建設された堤防などを視察した。

 国王は車椅子で移動し、医師らが同行した。外出時間は約3時間だった。

 プミポン国王は体調を崩して2009年9月19日からシリラート病院に入院している。

20120406%20King%20-%201.jpg

20120406%20King%20-%202.jpg
《newsclip》