RSS

ラマ1世通りの路上で強盗殺人、衣料品店主が死亡

2012年4月19日(木) 10時50分(タイ時間)
【タイ】18日午前1時ごろ、バンコク都ラマ1世通りの衣料品店前で、店主の男性(68)が男2人から暴行を受け死亡した。犯人は男性から金のネックレスを奪い、バイクで逃走した。現場はスパチャラサイ競技場の西約400メートル。

 目撃者によると、犯人は店を出た男性にバイクで近づき、けん銃を突きつけて、金のネックレスを渡すよう要求。男性を押し倒してコンクリートの歩道に頭を叩きつけた。警察は強盗殺人とみて犯人の行方を追っている。

 一方、17日午後10時ごろ、バンコク都バンスー区ソイ・ウォンサワーン11通りの駐車場で、タイ式鶏飯の屋台店主の男性(35)が自分の車のそばに倒れ死亡しているのがみつかった。男性はけん銃で頭を撃たれ、首にかけていた金のネックレスなどがなくなっていた。警察は強盗殺人とみて捜査を進めている。タイの地上波テレビ局チャンネル9などが報じた。
《newsclip》