RSS

日本 ミャンマーの経済特区に参画、債権3000億円放棄へ 

2012年4月22日(日) 22時10分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマーのテイン・セイン大統領が来日し、野田首相、岡田副総理らと会談したほか、第4回日本・メコン地域諸国首脳会議に出席した。ミャンマーの国家元首の公式訪日は28年ぶり。

 21日には野田首相と会談した。野田首相はテイン・セイン大統領が過去1年、民主化、国民和解、経済改革を精力的に推進したと評価。ミャンマーに対する円借款の債権約3000億円を放棄し、ミャンマー政府が工業団地開発を計画しているヤンゴン郊外の「ティラワ経済特別区」構想に参画する方針を伝えた。
《newsclip》