RSS

タイ政府、洪水被災企業に借金申し込む 工業団地堤防建設で

2012年4月23日(月) 23時48分(タイ時間)
【タイ】タイ工業省は昨年10—12月のタイ中部大洪水で水没したサハラタナナコン工業団地(アユタヤ県)の堤防建設資金を調達するため、同工業団地の入居企業4、5社に借金を申し込んだ。当座の費用約1億バーツを借り、政府系金融機関からの融資がまとまり次第、返済する方針で、企業からは前向きな反応を得たという。

 サハラタナナコン工業団地は被災前に経営破たんしていたため、資金余力がない。タイ工業省は同工業団地の運営会社などと新たな再建計画をまとめ、債権者と裁判所の承認を得て、堤防建設用の資金を政府貯蓄銀行からサハラタナナコンに融資するというシナリオを描いていたが、再建計画を実行管理する会社が撤退を表明し、目論見が崩れた。

 サハラタナナコン工業団地には自動車部品の丸順(岐阜県大垣市)、工業用バルブのヨシタケ(名古屋市瑞穂区)、物流・エレクトロニクスのカトーレック(東京都江東区)など約50社が入居している。
《newsclip》