RSS

東芝のタイ半導体組立工場、洪水回避で304工業団地に移転

2012年4月24日(火) 14時18分(タイ時間)
【タイ】東芝は24日、昨年10—12月の洪水で被災したタイ中部パトゥムタニ県バンカディー工業団地の半導体組立工場をタイ東部プラジンブリ県304工業団地に移転すると発表した。洪水の可能性が低い304工業団地に最新鋭の工場を建設し、需要増への対応と洪水被害の再発防止を図る。

 304工業団地はバンコクの北東約140キロ、海抜15—20メートル。新工場は敷地面積がバンカディー工場の約1・4倍の13・5ヘクタールで、2013年第2四半期の量産開始を見込む。

 バンカディー工場は電流・電圧を制御する半導体で携帯電話やデジタル家電などに利用される小信号デバイス、回路を絶縁する半導体で産業機器などに利用されるフォトカプラなどを生産していたが、洪水で工場が長期間水没し、現在も操業を停止している。
《newsclip》