RSS

日立、ベトナムで大学向け基幹システム展開

2012年4月29日(日) 08時39分(タイ時間)
【ベトナム】日立製作所は27日、ベトナムの大学向けに基幹システムをクラウドコンピューティングの形態で提供する事業について、ベトナムのIT最大手FPTソフトウェアと戦略提携すると発表した。日立の大学向け学務情報システム「ユニプルーブ・エーエス」をベトナム語に対応させ、現地の大学向けにローカライズする。また、FPTソフトウェアの親会社であるFPTコーポレーションが設立したFPT大学(ハノイ市)で導入試験を行い、2013年度から現地の大学向けに本格的に販売を開始する予定。

「ユニプルーブ・エーエス」は学生の入試から卒業までの情報管理や職員の事務、大学経営を包括的に支援するシステムで、日本で多くの導入実績を持つ。今回の提携では、日立が技術支援を行い、サービスの提供、営業活動はFPTソフトウェアが担当する。両社がベトナムで構築するサービスや販売のノウハウをもとに、2014年度以降は東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の大学に対するサービス展開を検討する。

ベトナムでは近年、人口増加と大学進学率の上昇に対応し、大学の規模拡張や新設が進められ、大学事務を効率化する情報システムの整備が課題となっている。
《newsclip》

特集



新着PR情報