RSS

チャオプラヤ川岸に新ショッピング街

2012年4月30日(月) 19時40分(タイ時間)
【タイ】タイの不動産大手TCCランドがバンコクのチャオプラヤ川岸に開発したショッピング街「アジアティーク、ザ・リバーフロント」が4月27日、開業した。バンコク高架電車BTSタクシン橋駅からジャルーンクルン通りを南に約3キロ下ったプラヤークライ寺近くの倉庫跡地に開発され、敷地面積約5ヘクタール。土産物店、飲食店など1000店以上が入居するほか、「カリプソキャバレー」のニューハーフショーやタイの伝統人形劇団「ナータヤサーラー(ジョールイス)・シアター」の公演が行われる。営業時間は午後5—12時。

 TCCランドはタイのアルコール飲料最大手タイビバレッジのオーナーでタイ屈指の富豪のジャルーン・シリワタナパクディー(蘇旭明)氏の傘下企業。ニューヨークの高級ホテル「プラザアテネ・ニューヨーク」を筆頭に、タイ、ベトナム、中国、英国、日本などでホテル数十館、バンコクのITモール「パンティッププラザ・プラトゥーナム」、バンコクの大規模コンベンションセンター「クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター」、オフィスビルの「エンパイアタワー」、マンション、ゴルフ場などを所有。

20120505%20Asiatique%20The%20Riverfront%20-%208.jpg

20120505%20Asiatique%20The%20Riverfront%20-%203.jpg

20120505%20Asiatique%20The%20Riverfront%20-%2019.jpg

20120505%20Asiatique%20The%20Riverfront%20-%2013.jpg
《newsclip》