RSS

タイ王族の男性、バンコクの川沿いマンションで孤独死

2012年5月4日(金) 23時58分(タイ時間)
【タイ】3日朝、バンコク都内のラマ8世橋に近いチャオプラヤ川岸のマンションの一室で、住人のタイ王族の男性(58)が死亡しているのがみつかった。死体は死後3日以上経過しているとみられ、ベッドの上に横たわっていた。室内のテレビはつけっぱなしで、窓も開いたままだった。

 男性はこのマンションで20年以上一人暮らしを続けていた。マンションの警備員によると、男性は4月27日に病院からタクシーで戻ったが、歩行が困難な様子で、以来、姿をみなかった。今月2日、男性から土地を借りている人から男性に連絡がつかないと告げられ、マンションの管理人が合鍵で男性の部屋のドアを開け、死体を見つけた。警察は病死とみて死因などを調べる方針。タイ字紙デーリーニュースなどが報じた。
《newsclip》


新着PR情報