RSS

母乳育児の割合、タイはたった5% ユニセフが懸念

2012年5月8日(火) 21時39分(タイ時間)
【タイ】東アジアで母乳で育児する割合が急速に低下し、国連児童基金(ユニセフ)が懸念を強めている。ユニセフによると、母乳による育児は十分な栄養供給と免疫力の向上に大きく寄与し、赤ちゃんの健全な発育につながるという。しかし、母乳育児の割合は中国で28%、ベトナムで20%以下、タイでは5%と極めて低い。
《newsclip》


新着PR情報