RSS

鉄道バンコク空港線でまた部品不足、一部車両運行できず

2012年5月10日(木) 11時51分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム国際空港を結ぶ鉄道エアポートリンクで、部品不足で車両の一部が使用出来なくなっていることが明らかになった。エアポートリンクでは昨年3月にも、部品不足で特急の運行が5日間停止するトラブルがあった。

 エアポートリンクを運営するSRTエレクトリファイドトレインによると、今回の部品不足は「(親会社の)タイ国鉄(SRT)が意思決定権を握り、お役所仕事で部品の発注が遅れた」(同社広報)ためで、運行は通常通り継続するという。部品の手配は車両を納入した独シーメンスに依頼済みだが、一部の部品は調達に8—12カ月かかる見通しという。

 エアポートリンクは2010年8月に正式に開業した。全長28キロ、全8駅で、スワンナプーム空港とバンコク都内を15—30分で結ぶ。4月の乗客数は1日平均約3万9000人。

Airport%20Rail%20Link%20-%203.jpg
《newsclip》


新着PR情報