RSS

タイ中部の現金輸送車襲撃、警察署長に逮捕状

2012年5月15日(火) 19時54分(タイ時間)
【タイ】今年3月、タイ中部シンブリ県のカシコン銀行支店前で現金輸送車が武装強盗に襲われ、行員1人が銃で足を撃たれ、現金数百万バーツが奪われた事件で、タイ警察は14日、北部カムペンペット県サイガーム警察署のピジット署長(警察大佐)と北部ナコンサワン県勤務のナーラーイ警察上級曹長が犯行に関与したとみて、2人を停職処分にし、逮捕状をとった。

 ピジット署長の携帯電話の通話履歴から、署長が犯行当日、現場の銀行近くに駐車した車から実行犯と電話でやりとりしていたことが明らかになった。ナーラーイ上級曹長は犯行に使われた銃を実行犯に渡したとみられている。

 事件は3月26日朝に発生。現金輸送車の後ろに停車したピックアップトラックから覆面姿の男数人が飛び出し、行員、警備員らにライフル銃を発砲し、輸送車の貨物室から現金が入った袋を奪った。警備員の1人が輸送車の運転席に飛び乗り、発進させたため、犯人らはピックアップトラックに乗り込んで追いかけ、ライフル銃で銃撃を加えた。ピックアップトラックは途中で追跡を断念し、逃走した。
《newsclip》

特集



新着PR情報