RSS

托鉢で口笛を吹いている(ように見える)仏像

2012年5月22日(火) 23時31分(タイ時間)

 北部ナーンのワット・クーカムにて。色合い的にミャンマーの仏像に近い。托鉢の中身を指で探りながら、口笛を吹いているようにみえる。

 タイの場合(他の国でもそうなのだろうが)、仏像の仕草(タイ語でパーン)釈迦(正しくはシッダッタ?)の一生を表している。シッダッタが修行中、在家者から施しを受ける際、こんな姿をしたのだろうか。
《newsclip》


新着PR情報