RSS

監査法人 SCS Global タイ事務所 MAZARS (Thailand)

2012年5月24日(木) 21時41分(タイ時間)

SCS Global タイ事務所(MAZARS (Thailand) Ltd. ジャパンデスク)

——SCS Globalについてお聞かせください

 SCS Global (エス・シー・エス国際会計事務所) は2002年、主にアーサー・アンダーセン出身の日本人会計士が集結し設立されました。設立されました。ミャンマーにも日系初の会計事務所として進出し、現在アジア諸国を中心として12カ国に展開しています。

 シンガポール本社、その他海外各拠点には必ず、日本人会計士、税理士が在籍し、各拠点間で連携しながら、会計、監査、税務、法務コンサルティング業務を行なっています。このような国際ネットワークの強みを活かし、各国に進出する日系企業のお客様を中心にクオリティの高い、最適なソリューションを提供しています。

——提携先のMAZARSは?

 MAZARS (マザーズ) はフランスのパリを本社とする世界63カ国に拠点を設ける監査法人・国際会計事務所で、総勢1万3000人の専門家が在籍しています。タイでは、当初 DOUBLE IMPACTという英国人による会計事務所との提携により、1999年に「MAZARS DOUBLE IMPACT」として設立されました。
現在はMAZARS (Thailand) Ltd.に社名変更し、タイ、イギリス、フランス、オランダ、カナダ、オーストラリア、そして日本と多様な国籍を持つ専門家が110人勤務しています。

——両社のタイでの提携について

 SCS Globalとしては設立当初より、東南アジア地域で最大の製造拠点と評されるタイへの進出を模索していました。2005年ごろより本格的にパートナーを探しはじめ、グローバル展開という弊社のコンセプトと合致するMAZARS (Thailand) Ltd.に出会い、2008年にMazarsジャパンデスクの開設となりました。SCS GlobalとMAZARSはインドネシア、ベトナム、東京でも提携を結んでいます。

——ジャパンデスクの体制・業務内容は?

 SCS Global出身の日本人3人と日本語を話すタイ人スタッフ1人の合計4人という体制です。日本人は2人が常勤です。日系企業の顧客数は提携より3年間の累計実績で100社を超えます。

 業務としては、過去タイにて売り上げナンバー1をマークした会計記帳代行を始めとする、会計スタッフトレーニング、給与計算代行、個人所得税申告代行等の会計業務、法務全般コンサルティング、訴訟全般サポート、法務デューデリジェンス、会社設立・投資委員会(BOI)・タイ工業団地公社(IEAT)申請、ビザ・労働許可証取得代行、合弁契約書作成レビュー、雇用契約書、労働規則作成レビューなどの各種企業法務をサポート。また法定監査、財務デューデリジェンス、会社価値算定、J-SOXおよびUS-SOX対応支援等の監査業務、税務全般コンサルティング等の税務業務を行っています。

——御社業務・サービスの特徴は?

 弊社の場合、お客様としては150—400人規模の企業が多く、もちろんそのほかの規模のお客様もいらっしゃいますが、中堅中小企業が中心です。例えばビッグ4と呼ばれる監査法人・会計事務所と比較しますと、弊社は日本人が基本的に必ず窓口となってやり取りさせていただく体制であるため、小回りが効いてきめ細かなスピーディーな対応が可能という点が特徴でしょう。

 全てのお客様と連絡を絶やさず、この業界でありがちな「電話しても出ない、メールも返事がなかなかない」といった苦情は皆無です。むしろ日本人がタイ人スタッフと共に、お客様とのミーティングに積極的に参加するなど、蜜な連携によるサービスに定評をいただいております。

——地場と比較した場合は?

 日系企業が求めるクオリティを満たしたサービスを提供できるかどうかでしょうか。地場はコスト面では魅力的かも知れませんが、日系企業が求めるクオリティを期待できるかというと不安な場合もあるでしょう。お客様の求めるクオリティ、日本独特のビジネス感覚を日本語の会話から把握し、日本人の感覚から常にそれを満たせているかどうかをチェックすることにより、より質の高いサービスが提供できるものと思います。

——国際ネットワークの大切さは?

 タイは地元に根づいた企業が多く、それに見合ったサービスを提供する会計事務所が多いのは事実です。そのような国内で完結するように見えるタイでも、グローバル化に伴うネットワークの構築は必要です。

 国際ネットワークはSCS GlobalとMAZARSが強みとするところであり、海外展開する日系企業のお客様に対して必要不可欠なサービスです。SCS Globalにおきましてはシンガポール本社、東京支社と海外拠点間でのスムーズなやり取り、各地での統一されたサービスの提供などメリットは多大です。

——今後について

 営業攻勢をかけて顧客数を急激に増やすという業種ではありません。1社1社との末永いお付き合いを心がけることが最優先です。そのような誠実な仕事をとおして、少しずつお客様を増やしていければと思っております。

——ありがとうございました

SCS Global タイ事務所(MAZARS (Thailand) Ltd. ジャパンデスク)
住所:12th Floor, Empire Tower, 195 South Sathorn Road, Bangkok 10120
電話:0-2670-1100 内線:145
Eメール:koide@scsglobal.co.jp (小出), taniguchi@scsglobal.co.jp (谷口)
yamamoto@scsglobal.co.jp (山本), mintra.chaisri@mazars.co.th (ミンタラー)
ウェブサイト:http://www.mazars.co.th/Home/Our-services/Japanese-Desk
《newsclip》


新着PR情報