RSS

楽天、マレーシアで仮想商店街

2012年5月27日(日) 17時55分(タイ時間)
【マレーシア】楽天は24日、マレーシアで仮想商店街事業を開始すると発表した。現地子会社「ラクテン・マレーシア」を設立し、日本の「楽天市場」と同様の仮想商店街「ラクテン・オンライン・ショッピング」を今年後半をめどに開業する。当初は大手小売りなどの店舗を中心に、ファッション、デジタル・電機機器、書籍、高級品などの店舗・商材を提供し、中長期的には日本の「楽天市場」をはじめ、アジア、欧州、北米、南米の各国・地域における楽天グループ傘下の仮想商店街との連携も検討する。

 マレーシアは人口約2840万人のうち約1700万人がインターネット利用者で、物流、電子決済のインフラも整備されている。

 楽天の東南アジア進出は2009年のタイ、2011年のインドネシアに続く3カ国目。
《newsclip》

特集



新着PR情報