RSS

タイ政府、政争死傷者への補償金支払い開始

2012年5月27日(日) 18時09分(タイ時間)
【タイ】タイのタクシン元首相派インラク政権は24日、タクシン政権を追放した2006年の軍事クーデターから2010年のタクシン派によるバンコク都心部占拠に至る政争で死傷した、もしくは逮捕・拘束された人に対する補償金の支払いを開始した。初日は遺族ら524人に5億7766万バーツが支払われた。

 今回の補償は1月の閣議で決まったもので、予算総額20億バーツ。死者の遺族には葬儀代などを含め775万バーツ、負傷者には22・5万—660万バーツと治療費、逮捕・拘束され不起訴になった、もしくは無罪となった人にも拘束期間に応じ補償金を支払う。タイでは交通事故で死亡した場合、数万から数十万バーツで示談となることがほとんどで、今回の補償金が異例の高額になったことについては、多数の死者を出したタクシン派市民に対する、タクシン氏からの税金を使った報償という見方が出ている。
《newsclip》


新着PR情報