RSS

失そう、出家のブアカーオ選手 ジムとの契約延長に合意

2012年5月27日(日) 18時14分(タイ時間)
【タイ】所属ジムとの契約問題がこじれていたキックボクシングのブアカーオ選手(30)が22日、バンコク都内のタイ・スポーツ公社でジムのオーナーと会談し、5年間の契約延長に合意した。ムエタイ(タイ式キックボクシング)の支援者である政治家、軍幹部らが橋渡ししたもようだ。

 契約期間中のリングネームはこれまで通り、「ブアカーオ・ポー.プラムック」で、ブアカーオ選手の取り分はファイトマネー、賞金の60%、出演、広告の75%と、以前に比べよくなった。

 ブアカーオ選手は日本の格闘技大会「K—1 WORLD MAX」で2度優勝した実力者で、ここ数年、タイでも知名度が高まっている。今年に入り、ジムとの関係悪化で失そうしたり、出家するなどし、世間を騒がせていた。

20120522%20Buakaw%20-%201.jpg
《newsclip》


新着PR情報