RSS

元タクシン派与党役員111人、参政権回復祝い式典

2012年5月30日(水) 18時40分(タイ時間)
【タイ】軍事政権下の2007年に解党された初代のタクシン元首相派政党タイラックタイの元役員111人に対する5年間の参政権停止処分が31日で解除されることを祝い、30日、元役員とその支持者らがバンコク都内のホテルで式典を開いた。式典にはジャトゥロン元タイラックタイ党首代行、ポンテープ元法相、スダーラット元保健相、チッチャイ元副首相、ワンムハマドノー元副首相、ポーキン元下院議長ら元役員57人が出席した。

 タクシン元首相が創設したタイラックタイは2001年から政権を担当し、2005年の総選挙では下院議席の3分の2を占める圧勝を収めた。しかし、2006年9月、タクシン氏の権力拡大を危ぐする特権階級が軍事クーデターで政権から追放。翌2007年、タイラックタイは特別法廷で解党され、役員全員の参政権が5年間停止された。

 ジャトゥロン元党首代行は式典での演説で、軍事政権による憲法や参政権停止などが現在も有効なことに不満を示し、真の民主主義に向け、不公正な司法制度を改める必要があると主張した。
 
 国外逃亡中のタクシン元首相はビデオ電話で参加し、元役員に犠牲に対する感謝と謝罪を伝えた。そして、「選挙を何度やっても我々が勝つ」「過去の苦痛を忘れ、前進しよう」と呼びかけた。
 
 昨年7月の総選挙では3代目のタクシン派政党であるプアタイが過半数を制し、タクシン氏の妹のインラク氏が首相に就いた。人材払底気味のプアタイに比べ、30日の式典に出た57人には派閥領袖クラスの大物政治家が多く、プアタイはこうした大物を閣僚や党幹部として迎えるとみられている。

 一方、タイラックタイ元役員の1人であるタマラック元国防相は同日、2006年4月の下院総選挙で選挙委員会の職員を買収し、選挙委データベースの改ざんを図ったとして、刑事裁判所から懲役3年4カ月の実刑判決を受けた。タマラック氏は即日控訴し、保釈保証金50万バーツで保釈された。

 タイラックタイ政権は2006年、反タクシン派市民によるバンコクでの大規模デモを受け、解散総選挙に踏み切り、前年同様、大勝を収めた。しかし、野党民主党が選挙をボイコットした上、裁判所が技術的な問題を理由に選挙を無効とし、混乱が深まった。こうした状況の中、当時のタクシン首相は長期間の外遊に出発し、その間に軍事クーデターがぼっ発した。

20120530%20ThaiRakThai%20-%201.jpg

Thamarak%20Isarangura%20-%203.jpg
タマラック元国防相
《newsclip》


新着PR情報