RSS

日本電工など マレーシアの合金鉄プロジェクトに出資

2012年5月31日(木) 14時00分(タイ時間)
【マレーシア】日本電工は30日、マレーシアの合金鉄生産プロジェクトに出資すると発表した。サラワク州サマラジュ工業団地に工場を建設し、2013年7—9月から段階的に立ち上げ、2014年12月までにフル稼働に入る計画で、年産能力はシリコマンガン12万トン、中低炭素フェロマンガン5・4万トン、フェロシリコン6万トン、原料用の焼結鉱20万トン。投資額は約240億円。事業会社にはアジア・ミネラルズ(香港)が60%、日本電工が20%、神鋼商事が7%、中央電気工業が5%出資する。アジア・ミネラルズはマンガン系合金鉄工場を中国とインドに保有するほか、南アフリカ共和国でマンガン鉱石の採掘に乗り出している。
《newsclip》


新着PR情報