RSS

参政権回復の初代タクシン政党幹部、3代目プアタイに入党

2012年6月1日(金) 10時00分(タイ時間)
【タイ】軍事政権下の2007年に解党された初代のタクシン元首相派政党タイラックタイの元役員111人に対する5年間の参政権停止処分が31日で解除され、元役員のうち、ワンムハマドノー元副首相、ワラテープ元副財務相、ウィーラカン元副内相らが同日、3代目のタクシン派政党であるプアタイに入党した。ウィーラカン氏は2010年にバンコク都心部を占拠したタクシン元首相派団体UDD(通称スアデーン=赤シャツ)幹部で、占拠事件後、名前をウィーラからウィーラカンに変えた。

20120531%20New%20Member%20PTP%20-%206.jpg
ウィーラカン氏(右)

20120531%20New%20Member%20PTP%20-%207.jpg
ワンムハマドノー氏(中央)
《newsclip》


新着PR情報