RSS

タイで最高気温を記録した県 「ウタラディット」

2012年6月2日(土) 13時44分(タイ時間)

 ラオスと国境を接する県。ウッタラディットは「北の桟橋(船着場)」を意味するといわれる。山がちで寒期には気温がかなり下がる地域ながら、乾期は暑い日が続く。1960年4月27日には、気象局観測でタイ最高気温の44.5度を記録した。

 タイ政府観光庁は有史以前からの歴史を持つ県と紹介しているが、発掘物で最も古いのは4世紀ごろのものといわれる。侵攻してくるビルマ軍に立ち向かい、剣が折れても戦い続けたという200年前の偉人、プラヤー・ピチャイ・ダープ・ハークが有名。県都郊外には、剣づくりのための鍛冶場跡が残る。

 王妃の名を授かった、山間部のシリキットダムは日帰り観光のほか、キャンピングで人気。ナーン川をせき止める堤防は幅800メートル、250平方キロメートルの広さの人工湖を造る。

■人口:46万3000人(2009年12月、内務省自治局)。人口58万5300人の香川県ほど(2011年12月、県ウェブサイト)
■面積:7839平方キロメートル(県ウェブサイト)。面積7780平方キロメートルの静岡県ほど(県ウェブサイト)
■バンコクから491キロ(タイ道路協会)
《newsclip》


新着PR情報