RSS

バンコク都庁、BTSタークシン橋駅廃止の方針

2012年6月4日(月) 00時10分(タイ時間)
【タイ】スクムパン・バンコク都知事は5月31日、バンコク高架電車BTSシーロム線のタークシン橋駅を視察し、同駅を取り壊す考えを明らかにした。

 BTSシーロム線はタークシン橋駅とトンブリ側のクルントンブリ駅の間でチャオプラヤ川を渡るが、橋とタークシン橋駅だけが単線で、運行に支障が出ている。都庁はタークシン橋のプラットフォームがある部分に線路を敷き複線化し、運行の円滑化を図る方針。すでに予算は確保しており、内務省の同意を得次第、工事に取りかかりたいとしている。

 また、タークシン橋駅はチャオプラヤ川を運航するフェリーの埠頭に接続していることから、利用者の利便性を考え、隣接するスラサク駅から現在のタークシン駅までをつなぐ高架の動く歩道(全長約700メートル)を建設する計画だ。

 BTSシーロム線はトンブリ側で延伸工事が行われており、今年12月に2駅、2013年8月にさらに2駅が開駅し、計5・3キロ延長される。

20120531%20BMA%20-%203.jpg
《newsclip》


新着PR情報