RSS

バンコク空港、拡張工事のプロジェクト管理会社と契約

2012年6月4日(月) 19時25分(タイ時間)
【タイ】タイの主要6空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は5月30日、バンコク郊外のスワンナプーム空港の第2期開発のプロジェクト管理・コンサルティング業務をEPMコンソーシアムに8・1億バーツで発注した。

 スワンナプーム空港の旅客処理能力は年4500万人だが、昨年の旅客数は約4800万人、今年は5100万人に上る見通しで、混雑が悪化している。第2期開発では旅客ターミナルを新設するなどし、2017年までに旅客処理能力を6000万人に引き上げる。予算は625億バーツ。
《newsclip》


新着PR情報