RSS

海外駐在員の生計費ランク 東京1位、バンコク81位

2012年6月12日(火) 20時47分(タイ時間)
【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2012年の「世界生計費調査」で、外国人駐在員にとって最も物価の高い都市は東京だった。2位はルアンダ、3位大阪、4位モスクワ、5位ジュネーブ。バンコクは前年調査から7つランクを上げ、81位だった。

 5大陸の214都市で、住居、食料、衣料、家庭用品を含む200以上の品目のコストを調べ、比較した。ニューヨークの指数を100とし、基準通貨は米ドル。
 
 アジアの都市はシンガポール8位、香港9位、名古屋10位、上海16位、北京17位、ソウル22位、深セン30位、広州31位、ヤンゴン35位、ジャカルタ61位、クアラルンプール102位、ニューデリー113位、ムンバイ114位、ハノイ136位——。

 主要都市はシドニー11位、リオデジャネイロ13位、ロンドン25位、ニューヨーク33位、パリ37位、ローマ42位——など。
《newsclip》


新着PR情報