RSS

日本通運、マレーシア・ペナンの倉庫増築

2012年6月13日(水) 17時06分(タイ時間)
【マレーシア】日本通運は13日、マレーシアのペナン州バヤンレパス工業団地内に所有する倉庫の増築工事を完了し、5月24日に完成式を行ったと発表した。新倉庫は床面積が1万1540平方メートルで、既存倉庫と合わせると計2万840平方メートルになる。

 ペナンには日系、欧米系の半導体、電気機器・電子部品メーカーが多数進出。近年は太陽電池など環境関連メーカーや医療品関連メーカーの誘致も進んでいることから、高品質なロジスティクス倉庫のニーズが高まっていた。バヤンレパス工業団地はペナン国際空港から5キロ、ペナン港から20キロで、2013年には近くに、ペナン島とマレー半島をつなぐ第2大橋が完成する予定。
《newsclip》

特集



新着PR情報