RSS

タイの警官採用試験、カンニング多発でやり直し

2012年6月14日(木) 12時59分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は12日、バンコクで記者会見を開き、10日に全国で行われた警察官採用試験で、組織的なカンニングや別人による受験など様々な不正行為があったとして、試験のやり直しを発表した。カンニングした受験者は確認されただけで216人に上る。

 東北部ナコンラチャシマ県では、受験者に短波ラジオを改造した受信機を持たせ、試験会場の外にいるチームが正解を知らせるという手口のカンニングが発覚し、カンニングを請け負ったとみられる保育士の女ら6人が逮捕され、現金1050万バーツが押収された。容疑者らは受験者から1人35万バーツを受け取っていたもよう。こうした手口は他の試験会場でもみつかっており、警察は複数の県にまたがる組織犯罪とみて捜査を進めている。

 今回の試験は幹部以外の警官を採用するもので、1万人の枠に27万8000人が受験した。警官の給与水準は高くないが、様々な「副収入」が見込めるため、人気が高い。
《newsclip》


新着PR情報