RSS

バンコク空港の滑走路修理 空中待機で燃料切れ、ドンムアン空港着陸も

2012年6月14日(木) 23時15分(タイ時間)
【タイ】バンコクの玄関口であるスワンナプーム空港(バンコク国際空港)で11日、2本ある滑走路のうちの東滑走路の一部が同日から修理のため閉鎖された影響で、フライトに遅れが出た。同日スワンナプーム空港で離着陸した796便のうち、60便以上が1時間以上遅れ、ユナイテッド航空の成田発バンコク行きの便は空中待機の間に燃料不足となり、ドンムアン空港(旧バンコク国際空港)にいったん着陸し、2時間遅れでスワンナプームに到着した。

 こうした状況について、スワンナプーム空港の管理会社は「遅れは平均30、40分で、大きな問題は発生していない」という認識を示した。

 東滑走路の修理は8月9日まで行われる。
《newsclip》


新着PR情報