RSS

1—5月の対タイ直接投資申請45%増、6割が日本から

2012年6月19日(火) 21時44分(タイ時間)
【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1—5月に受理した外国直接投資事業の恩典申請は547件(前年同期432件)、投資予定額は前年同期比45%増の2056・5億バーツだった。このうち事業拡張が314件、1520・8億バーツ、新規事業が233件、535・7億バーツだった。

 業種別では「金属製品、機械、輸送機器」が176件、投資予定額624・8億バーツ、「電気・電子製品」が116件、557・4億バーツだった。

 国・地域別では日本が308件、投資予定額1304・6億バーツと、投資予定額全体の63%を占めた。投資予定額2位はオランダで115・7億バーツ(16件)、3位はマレーシアで113・4億バーツ(16件)、4位はシンガポールで112・9億バーツ(53件)、5位は米国で91・3億バーツ(18件)だった。
《newsclip》


新着PR情報