RSS

タイの女性首相が45歳に 息子の願いは「2000年若いままで」

2012年6月21日(木) 13時06分(タイ時間)
【タイ】タイのインラク首相は21日、45歳の誕生日を迎え、夫のアヌソンさん、息子のスパセーク君とともに、バンコク都内の自宅で托鉢の僧侶に食べ物などを寄進した。スパセーク君は自分で作った紙製のピアノを首相にプレゼントし、「お母さんが幸せで、2000年間若いままで、国を円滑に運営し、首相の座に長く留まって欲しい」と話した。

〈インラク・チナワット〉
1967年生まれで、9人兄弟の末っ子。タイ国立チェンマイ大学政治・行政学部卒、米ケンタッキー州立大学経営学修士。兄のタクシン元首相が創業したタイ携帯電話サービス最大手アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)、チナワット財閥の不動産会社SCアセットなどの社長を歴任。2011年7月のタイ下院総選挙でタクシン派政党が過半数を抑えたことから、政治経験ゼロのまま、タイ初の女性首相に就任。
《newsclip》


新着PR情報