RSS

タイ当局、ミャンマー国境で覚せい剤原料押収

2012年6月22日(金) 11時50分(タイ時間)
【タイ】20日、タイ北西部ターク県メーソートの国境検問所で、覚せい剤の原料となる医薬品プソイドエフェドリンが大量に押収され、21日までに、タイ人の男女3人(35)が逮捕された。押収されたプソイドエフェドリンはミャンマーに輸出されるところだった。

 タイでは今年、複数の国立病院で、プソイドエフェドリンを含むかぜ薬100万錠以上が紛失したことが明らかになり、病院職員が麻薬組織に薬を横流しした可能性があるとみて、当局が捜査を進めている。
《newsclip》


新着PR情報