RSS

「失敗国家」 タイ84位、日本151位

2012年6月26日(火) 21時45分(タイ時間)
【タイ】非政府組織ザ・ファンド・フォー・ピース(本部、米ワシントンDC)が国家運営の失敗の度合いを経済格差、法治と人権状況、公共サービスなどから割り出した「失敗国家」指数の2012年版で、タイは177カ国中84位(2011年79位)と、評価が上向いた。問題点としては、特権階級の存在、国論の対立などが上げられた。

 日本は東日本大震災と原発事故の影響で、2011年の164位から一気に151位まで順位が上昇し、チリ、スペインなどと同水準になった。

 「失敗国家」の1位はソマリアで、2位コンゴ、3位スーダン。

 最下位はフィンランド、176位スウェーデン、175位デンマークと、北欧諸国が「成功国家」のトップ3を独占した。

 主要国はドイツ164位、フランス162位、米国159位、英国158位、ロシア83位、インド78位、中国76位。

 アジア諸国はシンガポール157位、韓国156位、マレーシア110位、ベトナム96位、インドネシア63位、北朝鮮22位、ミャンマー21位——など。
《newsclip》


新着PR情報