RSS

超高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア」 バンコク都心に進出

2012年6月29日(金) 12時12分(タイ時間)
【タイ】タイ最大級の財閥CPグループのオーナー、ジアラワノン家と王族のサクディデート・パーヌパン家は合弁で、バンコク都心のラチャダムリ通りに高層ホテル・マンションを開発する。投資額60億バーツで、2015年半ば完工の予定。

 高級ホテル「グランド・ハイアット・エラワン・バンコク」とショッピングセンター「ペニンシュラプラザ」の間の約1ヘクタールの土地に、60階建てのビルを建設。1—16階にヒルトングループが運営する超高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア・バンコク」(170室)、17—54階にマンション「マグノリア・ラチャダムリ・ブールバード」(316戸)、55—60階にレストラン、居住者専用のパブなどが入居する。70メートルのプール、ジョギングコース、ジャグジーなども併設。マンションは48—360平方メートルで、販売価格は850万—8000万バーツ。
《newsclip》


新着PR情報