RSS

マレーシアの先史時代の遺跡、世界文化遺産に

2012年7月2日(月) 17時38分(タイ時間)
【マレーシア】ロシアのサンクトペテルブルクで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で6月30日、マレーシア・ペラ州の先史時代の遺跡がある「レンゴン・バレー」など7カ所が世界文化遺産に指定された。

 レンゴン・バレーでは、183万年前(誤差61万年)のものと推定される手斧が発見されたことから、古人類が住んでいたことが明らかになっていた。マレーシアの世界文化遺産はペナン州ジョージタウン、マラッカ州マラッカに続き3カ所目となった。
《newsclip》


新着PR情報