RSS

タイ国王、7日に船でチャオプラヤ川視察

2012年7月5日(木) 21時24分(タイ時間)
【タイ】タイのプミポン国王は7日、チャオプラヤ川を船で視察し、王室が手がけた5つの灌漑(かんがい)事業のオープニングセレモニーを行う。一連の視察、行事には次女のシリントン王女が同行する。

 国王は午後4時半、バンコク都内のシリラート病院のチャオプラヤ川岸のふ頭から海軍の船で出発し、バンコク郊外のノンタブリ県クレット島を視察する。その後、都内ドゥシット区の灌漑局ふ頭に戻り、王室事業のオープニングセレモニーを行う。シリラート病院には午後9時ごろ戻る予定。ピンクラオ橋、ラマ8世橋、クルントン橋などチャオプラヤ川に架かる橋は国王の船が通過する際、通行止めとなる。

 プミポン国王は2009年9月からシリラート病院に長期入院中。移動は車椅子だが、今年5月下旬にはバンコクから約100キロのアユタヤ市を視察し、国民に健康状態の改善を印象づけた。
《newsclip》


新着PR情報