RSS

バンコク空港でまたトラブル、今度は滑走路陥没

2012年7月6日(金) 12時48分(タイ時間)
【タイ】タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、5日午後8時ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム空港の西滑走路の2カ所で、路面が深さ3—5センチ、直径40—50センチにわたり陥没しているのがみつかり、午後8時半から9時半にかけ、滑走路を閉鎖し、緊急修理が行われた。このトラブルで、着陸便11便がバンコク郊外のドンムアン空港やタイ東部のウタパオ空港、北部のチェンマイ空港にいったん着陸したほか、離陸便に遅れが出た。

 スワンナプーム空港は2本の滑走路があり、このうち東滑走路は6月11日から、改修工事のため一部閉鎖中。

 スワンナプーム空港では6月21日夜、約1時間にわたりレーダーが使用できなくなるトラブルがあり、スワンナプーム空港とドンムアン空港に離着陸予定の50便が他の空港に着陸したり、空中で待機するなどした。
《newsclip》