RSS

歩道のかばんに覚せい剤14万錠 タイ各地で麻薬大量押収

2012年7月8日(日) 15時42分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、4日から5日にかけ、タイ各地で麻薬の大量摘発が相次いだ。

 バンコク郊外のサムットプラカン県では4日夜、乗用車とピックアップトラックに積まれた覚せい剤の錠剤約100万錠、粉末10キロを警察が押収し、20—30代の男女5人を逮捕した。押収された覚せい剤はタイ国内の末端価格で2・3億バーツ相当。

 バンコク郊外のノンタブリ県では5日、幹線道路の歩道に放置されたかばんの中から覚せい剤14万錠がみつかった。

 東北部ウボンラチャタニ県では同日、乗用車に積まれた覚せい剤1万2000錠が押収され、30—40代の男女4人が逮捕された。

 北部ラムパン県では同日、新聞記者の男(54)と別の男(51)が逮捕され、乗用車とピックアップトラックに積んであった覚せい剤9万6000錠とヘロイン4キロが押収された。
《newsclip》


新着PR情報