RSS

日清食品、ベトナムの即席麺工場稼働 ノンフライ麺投入

2012年7月8日(日) 16時04分(タイ時間)
【ベトナム】日清食品ホールディングスは5日、ベトナム南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地2に約24億円を投じ建設した即席麺工場が竣工し、7月中旬から製造を開始すると発表した。

 ベトナム市場に投入する製品は、いずれも新技術を搭載したノンフライ麺で、湯かけタイプの袋麺。スープはベトナムの有名料理研究家の監修を得るなど、現地の食文化にマッチしたテイストに仕上げた。価格は5000ドン(約19円)。

 ベトナムは2011年の即席麺の消費量が49億食 (世界ラーメン協会調べ) と、中国、インドネシア、日本に次ぐ世界4位の市場。人口約8600万人の約60%が30歳以下で、経済成長にともない個人所得が伸びていることから、将来の消費拡大が期待できるという。

〈2011年の即席麺消費量(世界ラーメン協会調べ)〉
▽1位中国・香港424・7億食▽2位インドネシア145・3億食▽3位日本55・1億食▽4位ベトナム49億食▽5位米国40・3億食▽6位韓国35・9億食▽7位インド35・3億食▽8位タイ28・8億食▽9位フィリピン28・4億食▽10位ブラジル21・4億食——
《newsclip》


新着PR情報