RSS

カンボジアの謎の病気、手足口病か 子ども50人死亡

2012年7月10日(火) 16時10分(タイ時間)
【カンボジア】カンボジアで今年4月から7月5日にかけ、生後3カ月から11歳の子ども59人が原因不明の病気にかかり、このうち52人が死亡した問題で、世界保健機関(WHO)は9日、死亡した子どもの多くから、手足口病を起こすエンテロウイルス71が検出されたと発表した。H5N1型鳥インフルエンザウイルス、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスなどは検出されなかった。

 手足口病はコクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスを病原体とする感染症で、罹患者のほとんどは10歳以下の子ども。口の中や手足などに水疱(ほう)性の発疹が出る。ほとんどの場合、数日で治るが、まれに、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症や、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺といった症状が出て重症化することがある。特にエンテロウイルス71に感染した場合、他のエンテロウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高い。

 タイでは昨年、1万8196人が罹患し、6人が死亡した。今年上半期の罹患者は1万813人で、死者は出ていない。
《newsclip》


新着PR情報