RSS

バンコクに新しいスタイルのフードコートが誕生 その名も「Hako Town」

2012年7月18日(水) 12時38分(タイ時間)

次々と新しいスタイルのJapanese Foodが誕生するタイ、バンコク。
もはや、そのスタイルは「タイランド・ジャパンフード」と呼べるくらい独自性を持ってきている。

そして更にまた新しい「タイランド・ジャパンフード」がお披露目となった。
その名も「Hako Town」

IMG_0240.JPG
IMG_0244.JPG

タイでは一般国民が良く利用するTescoやBig Cといったスーパーマーケット内にフードコートが存在する。

フードコート内の各店での買い物のルールは

入り口で金券となるカードを購入し、注文した飲食物の価格分のみそのカードから引かれていく。

カードの残額は返金もできるし、次回来店時に使用もできる。

といったものだ。

このフードコートルールを適用し、

日本の飲食物のみの店を集め、

少し高級感のあるフードコートにしたのが、ここ、「Hako Town」

日本食ブーム、タイ国民の日本好きを刺激する新しい流行スポットの誕生である。

IMG_0274.JPG
IMG_0253.JPG

http://www.hakotown.com/(タイ語公式サイト)
9店舗の飲食店が各々のブースをかまえる。

焼き鳥、串焼き、餃子、ラーメン、お茶漬け、海老せん・たこせん、各店が自分たちの自慢の一品を持ち寄っっている。

IMG_0256.JPG
IMG_0258.JPG
IMG_0271.JPG

注文をし、チャージされたカードを店員に渡すと
引き換えにコールカードが渡される。

料理ができるとこのコールカードが点滅、音が鳴り
料理が出来上がったことを教えてくれるので、
一店舗で注文した後、他の店でまた別の料理を選ぶことができ、時間を有効活用できる。

平均予算は300Bと
やはり一般的なタイフードコートよりも高めだが、
料理のコストパフォーマンスは満足点に達するだろう。

難点があるとすれば

場所が少し遠いこと。

野外なので雨期のスコールの心配。
また
各店のタイ人スタッフの対応がやはり少しばたついてしまう点だろうか・・・。

しかし花火大会や日本音楽ライブなど
季節ごとにイベントを開催予定で日本人もタイ人も一緒になって楽しめそうだ。

タイの国民の(特に若者)の日本食好きは、ここHako Townで更なる展開を迎えることになる予感がする。

ペンネーム:かーじ

H A K O T O W N

基本情報
Experience Japan through the food and culture of HAKO TOWN .. a traditional style Japanese community blended into a contemporary landscape.

The Japanese cuisine of HAKO TOWN is the highlight which shouldn't be missed with some of the most distinctive and outstanding menus that have never been served in Thailand and is very rare even in Japan.

場所 Pradit Manutham Rd., バンコク 10240
営業時間
月 - 金: 16:00 - 0:00
土 - 日: 11:00 - 0:00
駐車場
駐車場
連絡先情報
電話番号 011 66 86 881 8785
メールアドレス marut_c@hotmail.com
ウェブサイト http://www.hakotown.com
《newsclip》


新着PR情報